夢は大きく!将来は自分のお店を出店!

18歳からセクキャバ嬢として働く

真ん中の私がセクキャバ店のオーナーですライターの藤森です。今回は、18歳の時から一般バイトにはまったく興味を示さずに高収入系の求人ばかり見てきたミズホちゃんにスポットを当てます。当時、高収入求人誌を見てセクキャバ店にバイト応募。今や、人気セクキャバ店のナンバー1のミズホさん。ミズホさんは、現在32歳です。実のところセクキャバ嬢としては、かなり年齢が高めセクキャバ系の求人を見ても分かるとおり、この業界は、若い子の募集が多いです。それでも、ミズホさんは、常にランキング入りして、ナンバー1も守り長く続けています。では、その理由を聞いてみましょう!

ミズホ:「実は、私、18歳でナイトワーク業界に入ったんです。高校を中退して暫くは、コンビニでバイトしていたんです。ある日、ナイトワーク系の求人スカウトマンと知り合って、夜のお仕事のことを知ったんです。結局、スカウトマンの紹介ではお店に入らず、自分で求人誌を見て、最初はキャバクラに入店しました。その後、一度、風俗でバイトもして、20代半ばからは、セクキャバで働いていますね。セクキャバが一番あっているみたいです。で、なんと、18歳の頃からのお客さんっていうのがいるんですよ。2人ですが……。だいたい、どのお店に移るときも、前のお客さんを連れていきますので、そういうのもあってランキングに入れているんじゃないかな?」

▼でも、それだけじゃ難しいでしょ。やっぱり新しいお客さんを作ったり、指名をもらう努力をしているんでしょ?
ミズホ:「そうですね。でも、特にこれといった珍しいことをしているわけじゃないですよ。お客さんを楽しませようとして、あとは、時々営業メールをするくらいですから。ただ、私が、自分でもコレで私は変わったなって思うきっかけがあるんです。」

▼え?それってなんだろう?すごい気になるんだけど。教えてくれないかな?
ミズホ:「セクキャバのお仕事に限らず、夜職や風俗って高収入求人の部類じゃないですか。ちょっと、頑張ると月に100万稼げちゃう。私みたいな高校中退だと、他のお仕事では考えられないし、絶対貰えない給料ですよね。でも、それが当たり前になっちゃうんですよ……。求人誌見て、応募して入った頃は、月に30万円稼げただけでも嬉しかったのにね。でも、19歳くらいのときに転機が訪れました。当時、キャバクラで働いていたんですが、30歳くらいになってお店をクビになったキャバ嬢さんがいたんですよね。売り上げもなくて、勤務態度もあまり良くなかった人なんですけど……。その人が、『マジ、どうしよう、これから。結婚する相手もいないし、これから新しいキャバ店に勤めるとか難しそうだし…。あーあ、風俗で働くしかないのかなー。』って、他のキャバ嬢に愚痴ってたんですよ。それ聞いて、『そうだな、この仕事って若いときしかできないんだ』って気づいたんです。それから、色々考えるようになりましたね。将来のコト……」

▼うわ、それはそれは……。まあ、早く気づいてよかったよね。
ミズホ:「そうそう。でね、私、とりあえず、将来困らないように貯金は貯めておこうって思って、最初は月10万円くらい貯金して、収入が上がってきたら、その分増やしていったのね。だから、他の子とか、いいマンション住んでいたりするけど、私は普通の1DK。まあ、防犯上オートロックのちょっと家賃が高いところには住んでるけど。あとはすごく質素。で、お金を貯めながら、将来どうしようかなって考えてたんだけど、私って、ほら、高校中退じゃない?それに、昼の一般職の経験もない。だから、就職とか無理なんだろうなってコトが分かってきて……。何か資格を取ることも考えたんだけど、勉強も好きじゃないんだよね。好きだったら高校卒業してるからさ。でも、このお仕事って結構頑張れるってことが分かったの。どこのお店でもいつもランキングに入ってきたし……。本当は、結婚とかできれば良かったんだけど、なかなかいい相手もいなくてここまで来ちゃったから、いつかお店を持とうと思ってるんだ。」

セクキャバ求人を見て、仕事を探している女性の皆さん。セクキャバ嬢になった後や、卒業した後のコトも少しだけは考えていたほうがイイかもしれません。