新人セクキャバ嬢必見、売上UPのコツ

セクキャバのランキングって?

同僚のセクキャバ嬢とは仲良くしよう今回は、都内の超人気セクキャバ店で常にランキング入りしているベテランセクキャバ嬢のナツキさんにインタビューしました。ナツキさんは、現在30歳。求人応募から働き始めてセクキャバでの勤務歴はすでに7年だということです。そんなナツキさんに売り上げアップのコツを聞いてみましたよ。

▼具体的にセクキャバ店のナンバーワンとは?指名数がナンバーワンってことなのかな?

ナツキ「はい、指名はもちろんですが、それだけではありません。一番大事なのはお店の売り上げに一番貢献したということですネ。つまり、売り上げ(お給料)が多い人ということになります。もちろん、指名を沢山もらうということは、いいお客さんを抱えているということになるので、指名が多いと自然とランキング入りできる可能性が高くなります。ただ、指名数は少なくても、1人のお客さんがものすごくたくさんのお金をお店に落としてくれると、やはりランキングは高くなるんですね。例えば、ボトルを入れてもらうとか、延長をいっぱいしてもらうとか……。新規のお客さんを3人、60分ずつ相手にするよりも、ひとりのお客さんを3時間相手にするほうが、全然お店に入ってくるお金が違いますからね」

▼なるほど、私なんかもセクキャバで遊ぶ時は最初の1時間だけ遊ぶつもりで入るけど、結局いつも延長しちゃうからね…

ナツキ「ふふ♥それだけセクキャバで楽しんだってことじゃないですか♪その働いているセクキャバの女のコは、お店の売り上げに貢献してる優秀なコってことですよ」

▼いいお客さんの捕まえ方みたいのをお聞きしてもよろしいですか?求人サイトを見てこれから働こうってコに対してのアドバイスになるといいのですが。

ナツキ「じゃあ、他の求人広告を見ているコに先を越されない程度にアドバイス♪ひとことで言えば、お客さんに自分のコトを好きになってもらうってことですよね。男も女も好きな人とずっと一緒にいたいって思うワケだし、好きなコが喜ぶことをしてあげたいって思うのは自然なことですから。だから自分からもお客さんを好きになるようにしていますヨ」

▼なるほどね。じゃあ新規の客が来ても、ナツキさんはいつもその気持ちで接しているということですね。具体的に言うとどんなことをして客をホレさせるんですかね?

ナツキ「基本は相手の話を親身になって聞いてあげることです。セクキャバだから、仕事としてエロいことをするのは大事ですけど、通ってくれるお客さんって結構、話すことが目的の人が多かったりしますかね。それで何度か来てくれるようになったら、名前はもちろん、お仕事とか誕生日とかふたりの共通の話を覚えておくと距離がどんどん近づいていきますね」

▼そりゃ、客は嬉しいなぁ。なるほど、疑似彼女を演じることでいいお客を掴んで、売り上げアップに貢献できるというわけか。求人サイトを見て来てくれるコの参考になると思います。

ナツキ「セクキャバは、エッチなことするお店だから、もちろん記者さんみたいな人も大歓迎ですよ。正直いって、明るいスケベなタイプは接客しやすいです。私たちも男性に好かれるのはいい気持ちだしね。あとはお店の雰囲気をよくすることですね。セクキャバ嬢ひとりでどうにかなるものじゃないけど、そうなるように努力することが大事だと思います」

▼店の雰囲気?そんなの客が見てるかなぁ……。私なんかがセクキャバ行ったら女のコしか見てないんだけど。具体的にはどういうことかな?

ナツキ「ほかのセクキャバ嬢とも仲良くするってことですね。仕切りのついたマンツーマンで接客するお店ならあんまり関係ないんだけど、集団できたお客さんとソファーで接客するところだと、女のコ同士でお話しをする機会もありますからね。そんなときに話が盛り上がらないとお客さんもすぐに帰っちゃうんです。空気を肌で感じちゃうみたいな……。だから女の子同士が協力しあって、お客さんを楽しませようという空気をつくらないといけないんですよ」

▼たしかに女のコ同士でギスギスしてるトコだと長居しないかも。客が延長して遊ぶ時って、時間を忘れて楽しんでるときですからね。

ナツキ「はい、男性の店員さんとも同様ですね。女のコが店員さんを信頼してるお店って、しっかり管理が行き届いてる証拠なのでお客さんも安心して楽しんでくれるんだと思います!!」

求人に応募する際は、女の子同士、スタッフと女の子が仲のいいお店を選ぶと良さそうですネ!やはり働く上で職場環境は大事ですね!